実際の使用を想定する!システムの使いやすさとセキュリティ

人事担当者が扱いやすいシステムを導入しよう

人材管理システムは、社員の採用や人材育成、業務評価などに欠かせないツールとして全国の民間企業を中心に普及しています。そうした中、初めてこうしたシステムの導入を行う場合には、実際の使用を想定して人事担当者が扱いやすいものを選ぶことがポイントです。最近では、企業向けの人材管理システムの設計や管理、運用など様々なサポートを行っているIT企業も増えているため、経済的に余裕があれば外注化を検討してより良いシステムを目指すのも良いでしょう。その他、人材管理システムの操作性の良し悪しにこだわる上で、色々な企業が開発に成功したシステムのパンフレットやウェブサイトなどを通じて、それぞれの製品の特徴を正しく理解することが大切です。

セキュリティ対策を万全にして社員の情報を守ろう

人材管理システムを使って社員の情報を把握するにあたり、情報漏洩やデータの改ざんなどのリスクに備えるため、セキュリティ対策を強化することが重要となります。特に、大人数の社員が在籍する企業においては、人材管理システムのセキュリティレベルによっては、将来的に高額なコストが発生することもあり、導入コストばかりでなくランニングコストにも注目をして製品選びをしましょう。また、人材管理システムの導入後に行うべきセキュリティ対策のポイントについては、素人にとって把握しにくいこともあります。そのため、必要に応じてセキュリティエンジニアなどの専門職にアドバイスを求めたり、作業の一部を委託したりすることがおすすめです。