クラウド型かオンプレミス型か

クラウド型のメリットやデメリット

人材管理システムの導入はクラウド型とオンプレミス型に分けられます。どちらにもメリットやデメリットがあり、どちらの方がいいとは一概には言えず、導入の際には自社に合ったものを選ぶ必要があります。クラウド型は、自社にシステム環境を構築する必要がないため、導入の際にコストがほとんどかからないことが何よりのメリットです。また、導入の際にはサービスへの登録などの契約をすればすぐに導入できるため、導入までの期間が非常に短いところも魅力と言えます。インターネット環境下であれば、社内でなくても使える利便性の高さもポイントです。様々なメリットがある反面、インターネット環境下にないと利用できないことや、インターネットを介しての利用によるセキュリティの不安といったデメリットもあるので注意しましょう。

オンプレミス型のメリットやデメリット

オンプレミス型は、サーバやネットワーク機器を自社内に設置・運営していくものです。オンプレミス型の最大のメリットは、会社内の設備で情報を管理するため、外部漏洩などのセキュリティ面でのリスクが少ないということです。また、他のソフトウェアとの統合も可能であり、要望に合わせて自由にカスタマイズしやすいのも魅力の1つになります。しかし、サーバ購入などの初期費用が掛かることや、サーバ管理などのメンテナンス費用が掛かることなど、コスト面に対するデメリットがあります。したがって、クラウド型を導入するなら、導入までの期間を短く、初期費用などのコスト面を抑えたい場合、オンプレミス型を導入するなら、カスタマイズ性の高さやセキュリティ面のリスクの少なさを一番に考えたい場合など、それぞれの長短を考えるのが大事です。